注文住宅で建てる際の内訳

住宅の学習は奥深い

建築費用

注文住宅の費用はいくら

注文住宅で建てる際の付帯工事費の内訳と相場はどのくらいなのでしょうか。一般的には、業者やメーカーによって異なります。テレビでコマーシャルを行ったり雑誌に載っていたりする有名な業者やメーカーですと、価格が高くなる傾向にあります。一方、あまり名前の知られていない業者やメーカーで行うと、相場よりも安く仕上がることがあります。注文住宅で建てる際の付帯工事費の内訳は細かいところも含めますと、一度見聞きしてだけでは理解出来ないことが多くあります。不動産会社の人間など、有識者に丁寧に説明してもらうことが理解への近道と言えます。

建築費用の付帯工事費について

注文住宅の建築費用には、本体工事費と付帯工事費には分類されます。本体工事とは文字通り住宅本体を建てるための費用であり、付帯工事とは、本体を建てる際に必要な地盤補強や、給排水衛生設備の設置工事、エアコンなどの空調設備の設置工事、カーポートや植栽、玄関周りの外構工事などが挙げられます。本体工事費と付帯工事費の内訳としては、住宅の総工費の内の8割程度が本体工事費であり、残りの2割程度が付帯工事に関する費用となり、具体例としては、総工費が2000万円の場合、本体工事に関する費用は約1600万円、付帯工事に関する費用は約400万円というのが相場になります。

↑PAGE TOP