注文住宅とはなにか学ぶ

住宅の資金調達とは

建築費用

住宅ローンの利用方法とは

所有する土地に建築する注文住宅は主に不動産業者に依頼することでその建築は可能となります。その際には、建売と同様にローンを利用することが可能となり、資金調達が難しいと思われている注文住宅も比較的簡単に行うことが可能となります。不動産会社の多くは、銀行と提携しており、提携ローンを利用することで、より多く野金利優遇を受けることが可能となり店頭金利よりも低い金利設定となります。そのため不動産業者の選択で、ローンの金利負担が変わると言っても良いといえます。仲介手数料を割り引いたり無償化する不動産業者も増えていますが、こういった業者では提携ローンを利用できないことが多いためトータルコストが上がってしまうケースもあり注意が必要です。

家を立てる時の資金調達について

家を建てようと計画している方も多いと思いますが、ローンをどのくらいの金額で組むかというのは、世帯の年収から計算しなければいけません。注文住宅を考えている方はとくに、提携ローンに加入する必要があるので、事前によく調べておくことをお勧めします。また、資金調達で苦労しているという方は、調達先を探すのはもちろんですが、住宅のグレードを下げるという選択肢も考慮しなければいけません。譲れないところと妥協できるところを事前に決めておくことで、無理のないローンを組むことができますし、返済についても安心することができます。

↑PAGE TOP