太陽光発電投資の方法

太陽光発電投資とは

建築費用

太陽光発電投資の現状

売電価格が高かった数年前には太陽光発電投資により利益を得ようと、新築の家や屋根が有る家では太陽光パネルが多く設置されていました。しかし、売電価格が低くなっている現在では、利益を得るどころか損失も計上している家計も多いです。そのため、太陽光発電投資は駄目になったかというとそうではなく、技術は進歩しており、数年前よりも発電効率がよくなり、また、発電コストや耐久性も伸びていることから、売電価格が下がった現在でも有効な投資の一つとなります。

農地ですすむ太陽光発電の設置

再生可能エネルギーの需要が伸びていることで太陽光発電の設置が増えていますが、注目されているのが農地に設置することです。その背景には同一品質の作物を店頭に並べるためには作物に合わせて温度管理を明確に行う必要がありますが、この温度管理にはエネルギーの料金が高くついていたのです。そこで農地に太陽光発電を設置することによってヒーターやエアコンのエネルギーを自家発電にすることで費用を少なくすることが出来ると共に、電気を電力会社に売る利益を合わせることによって農業で上げる利益を安定させるメリットがあります。

↑PAGE TOP